だ い す き


by TakahashiNagisa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

悠久の地より吹く新しい風

ただいま!大好きで大好きで何よりも大切だった部活の、最後の舞台から帰ってきました。少しの間受験勉強のことなんて忘れて心から楽しめた旅行でした。入部から2年4ヶ月、素敵な仲間たちに出会えたことを本当に嬉しく思います。時には雰囲気が悪くなったこともあったけれど、今こうやって22人の仲間と笑いあえるのは本当に幸せなことです。

1日目*

始発に乗って、いざ羽田空港へ。搭乗手続きを済ませたあと、JALのキッズコーナーでたまごっちのパネルと一緒に記念撮影★「ぬいぐるみも持ちますか?」とJALのお姉さんに聞かれたので、くちぱっち(?)のぬいぐるみを持って撮っていただきました。こんなことをしている女子高生は他にはいないでしょう・・・(笑)飛行機は今まで乗ったどの飛行機よりも小さくて驚きました。
ち、地方に行く飛行機ってこんなに小さいのか・・・?!以前、沖縄に行ったときはほとんど海の上を通っていたうえに雲が厚かったので地上を見ることができなかったのですが、今回は陸の上を通っていて、しかも快晴だったので山やら町並みやら湖やらを見ることができました!

出雲空港に到着!そこからバスで松江市内のリハーサル会場へ。ずーっと宍道湖沿いを走っていたんですが、景色がきれいでした!ずごくゆったりした時間が流れているようで。電車は単線!2両編成!そういえば自分の学校以外で楽器を弾いたのは初めてでした。合同演奏とかしたことがなかったので。

バスで再び出雲へ。出雲大社に行ってきました。しめ縄にお賽銭を差そうと奮闘していました(笑)確率は20分の1らしかったのですが、明らかに私は30回以上投げていました・・・。後輩の中には一発で成功した子もいたのにな。それから敷地内をうろうろして、写真を撮って、木陰で涼んで、バスで松江市内の旅館へ。

部屋についてからはずっと文化祭のクラス企画の話をしていました。7人部屋だったのですが、うち5人が同じクラス(笑)あとの2人に申し訳なかったです;


2日目*

バスで会場へ出発。主催者側からタイムスケジュールが細かく指定されていたのですが、うちの学校は降車時間の45分前には既に降車していました(笑)そのまま入り口の前で待機。暑かったです。そしたら何やら皇族の方がいらっしゃるとか!秋篠宮さまと紀子さまをひと目見たくて待っていたのですが、到着される予定の時間を聞いてみると、私たちが出演準備に入っている時間とのこと。それでも諦めきれなくて、タイムスケジュールと会場図とにらめっこ。楽器の準備と集合との間にお迎えに出ることができると判明しました。

部員はみな楽器を手にしたまま入り口の外へ。既にたくさんの方々が列をつくっていたので、仕方なく入り口から少し離れたところの2列目につきました。しばらくするとSPの方に囲まれて、秋篠宮さまと紀子さまと眞子さまがいらっしゃいました。紀子さまはにこやかに歩かれていて、少し首を傾けて私たちが手に持っていた楽器を見るような仕草をなさったあと、何か言葉を発せられたようでした。私には紀子さまのお口が「    」(←楽器の名前)と動いていたように見えました。後で一緒にいた友達に確認したところ、みんなもそう見えていたようでした。さすが紀子さま、ひと目見てこの楽器が分かるほど教養のある御方なんだなぁと嬉しくなりました。

御三方が私たちの前を過ぎた直後に、入口付近から歓声が聞こえてきました。その時は状況がよく分からなかったのですが、後から聞いたところ、会場の方がうちの部員を入り口前の最前列と2列目あたりに出してくださったそうなんです。そして、手に楽器を持った部員をご覧になった紀子さまが「今日、演奏されるんですか?」「頑張ってください」とお声をかけてくださったそうなんです・・・!!紀子さま、ほんと素敵です!というか、私もそっちにいたかった!
御三方は私たちの出演の2つ前までをご覧になった後にお帰りになるご予定だったので、私たちの演奏を聞いていただくことはできませんでしたが、とても良い経験ができました。

さて、いよいよ出番。詳しくは書きませんが、要約すると私個人の演奏は悲惨の一言でしたが、全体的にはとても良い演奏ができたと思います。今日、父が盗撮してくれた映像を見たところ、見た目では思ったより酷くなかったので(←私が)ちょっと安心しました。いや、でも音がやばかったんですって、音が。

その後の写真撮影では、2日間で一番整列が速かった団体だとカメラマンさんに褒められてかなり嬉しかったです(笑)行きのバスの中で超特急で並び順を書いてみんなに回して、さらに撮影直前に、撮影場所の隣で整列させていた甲斐がありました(笑)そのまま段に上がればいいだけですから。おかげで時間が余ったのでパートごとの写真も撮っていただけました!やったね!

屋内に戻って、モニターで演奏を見ていました。宮城県代表がすごーく好きな曲を演奏していたのですが、テンポがゆっくりすぎて正直これは・・・という感じでした。奏法も曲想に合ってなかったなぁ(汗)次の団体からはホールに入って見ました。
京都府代表、この日2番目に楽しみにしていた団体です。圧巻でした。人数も多いし、技術も高いし、気迫が伝わってきました。続いて香川県、福井県、新潟県。岡山県代表の演奏は良かったです!すごく練習してきたな、っていうのが見て取れました。この人たちはいい環境で練習してきたんだろうな、きっと合奏はすごく楽しいんだろうな、って。山梨県、青森県、千葉県、沖縄県。

そして、いよいよ待ちに待った広島県代表。この学校の演奏をずっとずっと聴きたいと願っていて、でもそんな機会なんてなくて、だから大学生になったら絶対聴きに行ってやるんだ!って思ってました。出場校が発表されてこの学校の名前を見つけたとき、本当に嬉しかったです。今回は高校3年生のみでの演奏でしたが、とにかく凄かった!縦の線がびしっと合っている、速弾きも決して崩れない、鮮明な音色、透き通るような高音、深く響く低音。日本一と言われるのも頷けるなと思えました。ただひとつ、音色そのものだけを見るならば、私は某校のほうがずっと上だと思いました。中低音に関していえば、都内J女子校もここより上かな。でも、「魅せる」「惹きつける」力を持っている学校だと思いました。1学年だけでこれなんですもの、5学年揃った演奏もいつか聴いてみたいものです。

長野県代表、コンマスさんの揺れがすごかったなぁ。ていうか、制限時間12分なのに17分も演奏してるってどういうことですか?選曲の時点で12分に収まらないことなんて明らかですよね?そうでなくても、練習していればすぐ気付くでしょう?進行に支障を来たしているってこと分かってますか?それでいいって思っていたのでしょうか・・・。
栃木県代表、三重県代表、最後に島根県代表。

普段聞くことのできない全国の学校の演奏が聞けてよかったです。これが代表?って思うところもありましたけどね(笑)まあ所詮は純粋に技術のみで評価されている大会ではないということです。

b0060572_2256534.jpg旅館に帰って、宍道湖の夕日ツアーへ。参加率は3年生100%、2年生30%。さすが3年、ノリがいいね!旅館から美術館まで、片道2km(往復4km)歩きました(笑)かなーり疲れた!みんはなその半分くらいまでしか来なかったみたいです。遠くまで行った方がいい景色が見られたのに。写真は美術館前で撮ったものです。夕日に向かって走れシリーズ(笑)ちなみに写っているのは私です(笑)この後、湖沿いを旅館まで走りました。汗だくになりました・・・。

夜はほんとくだらない話で盛り上がってました。修学旅行も合宿も終わってしまったけれど、こういう機会をもてたことは幸せでした。楽しかったです!

3日目*

一畑電車に乗って松江イングリッシュガーデンへ。噴水や温室やチャペルもあって、きれいな庭園でした!そのあとバスで松江城へ。階段が急でした・・・。観光はそんなもので、空港へ向かい羽田空港へと帰京。帰りの飛行機は大きいやつで安心しました(笑)爆睡でした。気付いたら着陸10分前でしたから・・・。


たくさんの思い出をつくれた3日間でした!
[PR]
by TakahashiNagisa | 2007-08-03 22:56 | Days